屋久島1日目

社員研修で屋久島に行って参りました


南国的な花

 2泊3日で屋久島に行ってきました!大自然で心身ともにリフレッシュしてきました!!特に2日目の縄文杉攻略に向けてはひと月前から物の準備や、体力・体調の準備をしていたので、セントレアを飛び立つ前からすでに浮かれっぱなし。

 浮かれすぎて、前日の夜に帰省先から巣に戻る電車が止まっていたり、就寝0時、起床3時とかいう遠足前の子供っぷりを発揮してしまいました。


ひこうき

 中部地方は前日の夜から大荒れ。平気で各所の電車が止まっていたので、出発当日の朝までセントレアに辿り着けるかどうかすら危うい状況でした。電車自体は通常運行だったものの、周辺の天気図は相変わらず不穏な感じ。

 そんな状況下でセントレアから鹿児島に向けて飛び立ったわけですが、思いのほか安定したフライトで拍子抜け。雲の上にでちゃったら気流が安定してたようですね。


ヤクスギランド


まだまだみんな余裕

 到着してレンタカーなど諸々のてつづきを済ませたら、軽くカラダをならすようなノリでヤクスギランドへ。

 これが思いのほかキツい行程で、ほんと名前で見くびっていたら起伏の激しい道のりで、睡眠不足の身には堪えました。他の方々も同様の感想だったようです。ランド恐るべし。


ときめくのかよ...。

そこそこ激しい起伏。道はあるけど。


白谷を優美な女性的な森とすると、ヤクスギランドは荒々しい男性的な大森林です。遊園地のような名前で見くびられていますが、ヤクスギランドを中心に広がるこの荒川屋久杉原生林は、現在屋久島に残された最もヤクスギの充実した森と言って過言ではありません。 via: 屋久島ヤクスギランド

無事にホテルチェックイン


ホテルから見える海

 無事にホテルにつき、チェックインの処理やら何やらを上司な方々がされている間に、おもむろに外へ。ラウンジから直で海と空を臨める芝生にでれました。

 フリーダムに外に出てみると、他の方々もゾロゾロとお外へ。おお、ひとりでも寂しくないもんね!って感じで夕闇に沈む夜を満喫。写真は携帯で撮ってるので闇に沈みすぎてよくわからん。


いよいよ明日は縄文杉

 ヤクスギランドで不意打ちを受けつつも、夕食を食べて滋養をつけたら早めの就寝でした。寝る前にはapplepleの未婚男性陣で変なノリで写真とったり、楽しかったです。