家族が緊急入院から手術キメてしまって大慌て

妻が入院しちまったときのメモ

端的に述べると

  • 明け方4時ごろに初の119をピポパ
  • 救急車内で受け入れ先の病院が決まり
  • 色々診察して8時ごろに緊急入院を手続き
  • 10時すぎに手術を始めて、13時前ごろに終了
  • それなりに衰弱した妻をアワワしながら眺める昼下がり

というような展開が先週の頭にございまして、しっかりと大変でした。

色々ことは諸処ございましたが、ひとまず退院の目処がつきまして、いつものノリでブログに書き留める次第。8時間ほど働いたらそそくさと病院に向かう日々でございまして、チームの皆様には些か申し訳なく。

物資

ここを特に備忘と致したい所存。渋谷のユニクロで、女物のパンツ(ショーツ)を掴んでレジに並んだのは俺だ!!!

前開きのゆるいシャツ的な衣類、開腹手術系だと非常に重要だと思うので、そのような事態に直面してしまった諸氏は、ぜひ確保していただきたい。看護師さんが患者の体勢を痛めつけずに着させやすいはずです、ゆったり前開き。

初期

  • カーディガン *1
  • パーカー *1
  • スポーツタオル *1(かたいからイヤと言われた)
  • タオル *1
  • 下着上下 *4
  • 前が開くシャツ *2(次回があればちゃんと確保したい)
  • ゆるめのずぼん *2
  • タオルケット *1(病院で貸してもらえたので今回は不要だった)
  • 歯磨きセット
  • いつものお薬
  • 愛用ノート&ペン
  • 小銭入れにお金(10・50・100・500たくさん)
  • 耳かき
  • ハンドクリーム
  • リップクリーム(QOL向上)
  • ハンドタオル * 3
  • 手鏡
  • 置き時計(開腹したので目線だけで済む置き時計便利かなって)
  • サーモマグ
  • iPad(パズドラ)
  • ケータイの充電器
  • 直前に読んでた雑誌

追加

  • イヤホン
  • ミニやわらかクッション(寝返り体勢維持に便利そうだった)
  • ストレートなコーム
  • 化粧水
  • バスタオル(入院期間においては入浴頻度それほど高くなかった)
  • 病院で売店で女子力高そうな雑誌
  • プレーンな水と、アクエリアスを1本ずつ毎日供給

退院直前

  • 退院時の服(俺の適当チョイス)

所感まとめ

病院というのは中々忙しそうなところで、やはり特殊な産業(?)だなぁ思う次第。金銭的な処理についても、言ってしまえばポイント制だし。人手の足り無さは、傍目に見てて感じた。看護師さん大変だ。

開腹手術と言ったら、まがりなりにも腹にメスを入れてざっくり開いているわけで、それが一週間ちょいで退院できるということは、ある意味で驚きだった。妻も私と同じくして20代なので、なんとか若い部類として順調な回復を体現したのかもしれないが、傷跡はいまだに痛々しい。まあ、元気そうに傷口痛めてる分には笑い話だが。

入院生活で減衰した体力が、これからどの程度の期間を経て戻るのか分からないが、しばらくは自宅で養生していただきたい(ほっとくとすぐに調子にのるから!)。

自分の健康に対する姿勢を見直す機会にもなり、前向きにとらえれば良い教訓になった。惜しむらくは、今回の妻の件については、気をつけても予防しづらそうな事象であったことだろうか。

ともかく、大事に至らなくて良かった。(´ω`)