かくも禁煙は困難か

禁煙するの?

私も喫煙者でしたが、今年の1月頭から禁煙に努めています。そんな感じの経験談を含めたおはなし。

禁煙が困難になる要因

  • 身体的依存(ニコチン中毒)
  • 心理的依存(喫煙の習慣性)

 というのが、禁煙サイトの多くで取り扱われているトピックです。

 身体的依存はどうしようもありません。精神力で耐えきりましょう。失敗してもすぐに、”禁煙を”やり直せる程度の気楽さで。 もしくは、喫煙する気が起きないほどの体調不良時はねらい目です。バッチリ昏睡していれば、正気に戻った頃にはニコチンが抜けています。

 心理的依存については、私の見解だと、禁煙の場合は厳密に言えば、古い習慣を断ち切るのに加えて、新しい習慣を身につける必要があると思っています。

 新しい習慣ってナニ?って感じですよね。たとえば、貧乏ゆすりとかのクセは必要があってやるものではなく、 それが無くなっても他の行動に何ら影響を与えません。

しかし喫煙の場合はクセもので、

  • 寝起きの一服
  • 食後の一服
  • 宴席での一服
  • 休憩時間の一服
  • スランプ時の一服
  • むしゃくしゃしてやっちゃう一服
  • ピロートーク代わりの一服

 と、他の行動に密接に関わり、組み込まれています。喫煙はタバコ単品だけでなく、他の行動と関連付けされた強固な習慣です。

 喫煙者は、日常生活の中の行動のほとんどで、タバコを必要としているのです。

 だから、吸わないだけでなく、"吸わなくても生活できる自分”を習慣にするのです。

 タバコを主体に考えると、ソレを吸わない、火を付けないだけですが、他の行動を主体に考えると、タバコなしで生活するという現実と向き合わなければなりません

 禁煙を"ただ吸わないこと"とだけ解釈して勧めていると、いつか、仕事や人間関係でストレスが溜まったときに、 間違った認識のまま、タバコが必要だと勘違いして手を伸ばしてしまいます。

/

タバコの害

 健康(≒欠陥が判明してない)なうちに、肺ガンや代謝など健康への悪影響を考えても無駄です。ほとんどの人は、現実問題として捉えることができません。タバコというツールが自分にとって必要で吸ってるんだから、リスクだって折り込み済みです。

 吸い過ぎでオエッてなったことがある人は、ソレに¥320払ってる自分に絶望するようにしたり、モテない人は、全部タバコのせいにしてみたり、 お金が無い人は、10年禁煙したら幾らのお金が浮くか考えてみたりしましょう。

 禁煙は目的でなく手段です。禁煙の目的は暗示のごとく自分の中で強化してください。いくら他人に言われても、自分の中で禁煙の必要性がない人は、禁煙できないと思います。

 ともかく、タバコの必要性をよく考えましょう。必要か、不要かは自分で判断するべきです。 必要なら吸えばいいですし、不要なら吸わない習慣をつくりましょう。

/

余談 ぼくは今月のはじめ、数日間喫煙者に戻ってました★ :-D 我に返ってすぐやめましたが。あっさり禁煙に戻っています。uum...

ぼくにはまだタバコが必要なのかも?