技能五輪全国大会の続き

1回更新するごとに間が空きまくりです。 次からはもうちょっと気楽なネタを努めて狙っていきます。

技能五輪全国大会の感想つづき↓ 本当は写真でもあればよかったんですが、デジカメ持って行っていなかったのでテキストのみです。

●参加者のレベルは(たぶん)高かったです

 参加者は大きく分類して2系統の人種で構成されていました。

  • バランス系 : システムもデザインも、そこそこ手堅く攻める
  • システム系 : デザインはともかく、システムだけは組める

 入賞したのはバランス系が大半で、システム系は敢闘賞に1名といったところ。しかし、システム系のほぼ全員がCMSをガッチリ組んできていたことを考えると、自分がそれを作れなかったのは悔しい限り。勉強せねば。

 特筆すべきは日本電子専門学校の皆さんでした。参加した全員が何かしらで入賞。さすが常連参加校といったところ。集団で高水準をキープしているのはすごい。”+α”を訴えられる企画を用意したり、デザインに加えてCMSもガッツリ組み込んだりと、全員が何かしらの武器を携えていました。お見事。

 金賞の方は、参加者の中でも頭1~2個飛び抜けてました。デザイン面もCMSの構築もバッチリ。とてもシンプルな結果です。(システムだけならもっと作り込んでいた人もいたようですが)

 総じて、得意分野の違いはあってもやはりレベルが高かったです。プレゼン中、他の人の作品見るたびに「入賞無理^^」と心の中で呟いていました。来年はもう参加できませんが、今回の連中に負けないように技量を付けていこうと思います。 しかし、今回の参加者が日本の23歳以下の、全国レベルをあらわしているかは疑問が残ります。参加者のほぼ100%が学生で、参加校も偏り気味。現状でも参加者のレベルは均衡してるし、いいの・・かなぁ?

●個人的には

 やったことない言語(PHP)を勉強する良い機会になりました。SQLサーバーも初体験だったので、XAMPPを自宅にインストールして演習したりもしました。 あと、XHTML1.0 Strictを普通に書けるように! バリデートを一発で通るように書ける程度には成長できました。WCAGについては後から思い返すと至らぬ点が多々あり、勉強不足を痛感。 最後のプレゼンは頭真っ白気味で、しかも喋りもカミカミでした。でも、前日に考えておいた内容をきちんと消化しつつ、時間ちょうどで終われたので結果オーライ。

 時間との戦いのようなチリチリした感じとか、トランスしたような集中感は、久々の感覚でした。ついでにアドレナリンを半年分ぐらい一気に放出していたような気がします。 終わってから振り返ればすっごい楽しかったです。人前に出るのはストレスも感じますが、1回1回が経験になってる!って感じもするので好きです。参加してよかった!!

 今後とも頑張ります。

↓主に回顧用のメモ

●前日(課題発表&会場下見) 委員の方「MySQLからデータぶっこ抜いて表示するためのphpはサンプルを用意しています」 (゚Д゚)!? そりゃないっすよ・・・。CMSまで行くのは無理でも、そこだけはと最低限PHP書けるように勉強してきましたのに!

デザインとか企画書に時間を割けそうな気がしてきたので、ホテルチェックイン後は引き籠もって練習やら準備やら。

●競技一日目

仕様書を1時間程度かけて作成したのち、思いのほかあっさりと、データベース周りの機能の実装に成功。 サンプルをちょちょっと修正して、Tableに落とし込んだ状態でSQLの情報をHTMLを吐くようにしたり。 登録用フォームをつくったり。はじめてまともにフォーム作った・・・。 あとはベースになるHTMLとCSSだけちゃちゃっと用意して午前終了。 午後は用意された写真素材やテキストを見ながらデザインとコンテンツの埋め込みにウンウン唸って時間切れ。 各パーツをPHP include使って外部モジュール化するところまでは進んだ。デザインの詰めが甘いなぁ・・・。

この日もホテルに帰った後は、今日の見直しとか、躓いたトコロ、残ってるトコロの対策をしつつ夜更かし。

●競技二日目

嫌いなモノは後回し!と言わんばかりに放置していたFLASHを唸りつつも何とか作成。 デザイン上の詰めが甘かった部分や、うっかりミスっていたところを潰す。 初日に作った仕様書に、変更点を加えたり、図が必要そうなところを図に起こしたりと微調整。 HTMLとCSSのValidateが使えましたが、かなりあっさりと通ったのであとはWCAGを意識した自力チェックでフィニッシュ。

夜は専門学校から広報用の写真とりにきてた職員の方に、焼き肉をごちそうになりました。ビールうまーーーーい!!

●閉会式と結果発表

あ、敢闘賞。 メダルもらったーーー。

地元に戻って、母校の大学祭のラストを見届ける。 大学の職員さん相手に、挨拶ついでにメダルを自慢。

「お前にも取り柄あったんだなぁ」

酷い言われようだ。