鶏ハムの復讐・プレーンとスパイシー

鶏ハムを久々につくってみた

_人人人人人人人人_
> 突然の鶏ハム <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

前回から、はや9ヶ月。久々にオードブルがてら鶏ハムを作るかーと思って、手近なスーパーで鶏胸肉を確保したら、300gで140円でした。前につくったときが安すぎた、うん。


寝かせたあとの胸肉2枚

寝かせたあとの胸肉2枚


上の写真は、真空チルドな冷蔵室で2晩ほど寝かせたところ。

プレーン(奥)

スパイシー(手前)

  • はちみつ 大さじ3
  • クミン粉末 大さじ1
  • コリアンダー粉末 大さじ1
  • ブラックペッパー 大さじ0.5
  • パセリ 大さじ0.5
  • クレイジーソルト 大さじ2

塩抜き〜そして伝説へ

これらを前回同様に、1.5%濃度の塩水にプレーンを1時間、スパイシーを30分つけて塩抜きです。スパイシーはあんまり洗い落とせないないなー、ということを踏まえて塩分控えめだもんで。(プレーンは表面あらってます)


ヒモで縛るのを諦めてラップした!

ヒモで縛るのを諦めてラップした!


はい、ヒモできれいに亀甲縛るのを諦めて、腸詰めのごとくラップでぐるぐる巻き整形にしました。ラップの中に留まった肉汁をどのように活かすか悩ましい。。。開封するときに汁を逃さないようにすれば良いですかね。

んで、沸騰した鍋にこれらを突っ込みまして、再沸騰するまで加熱し直してからフタをして一晩(8時間ほど)おきます。ゆーっくり加熱されるわけですね。このときの鍋は、厚めの保温力高めなモノをチョイスします。

完成した鶏ハム


スパイシー鶏ハム

スパイシー鶏ハム・・・明るさ足りなかった/(^o^)\


ということで完成。デキは正直、改善の余地アリといったところ。

特にラップでくるむと茹で&放置の最中の塩抜けが甘いため、プレーンについては塩を擦り込む量を考え直した方が良さそう。スパイシーのほうは、元々塩分控えめにしてたのでちょうど良かった。

副次的にラップすると肉汁が湯に溶け込まず、放置して朝になる頃には冷えてゼラチン質と共に固まるので、うまみを鶏ハムが包み込む感じでおいしかったです。

全体的に写真暗くてイマイチ...。がくり。