crontabとmysqldumpでバックアップするメモ

いつも忘れるので覚え書き

#!/bin/sh

# vars
dirpath=/home/user/backup/db
filename=havelog_`date +%y%m%d`

# dump
mysqldump -u root --password=パスワード dbname > $dirpath/$filename.sql

# archive                       
tar czvf $dirpath/$filename.tar.gz $dirpath/$filename.sql

# remove raw file
rm $dirpath/$filename.sql

# modify permission
chmod 700 $dirpath/$filename.tar.gz

以上を仮にbackup_mysqlとして、パスの通った場所に保存。

cronを設定する

生存確認

% /etc/init.d/crond status
crond (pid  0000) is running...

% crontab -e 

念のためcronが走っていることを確認し、crontabを開きます。

crontab -e で編集する内容

0 5 */2 * * backup_mysql

2日に1回、05:00にbackup_mysqlを実行する感じ。ファイルのラストに改行を入れておかないと、premature EOF errors in crontab file, can't install. と言われて保存できません。

ログの確認

% cat var/log/cron

ログはこれで確認できます。

これでいつ忘れても大丈夫!!

参考サイト