iPad第1世代のinnerWidth x innerHeight対応表

MediaQueriesってメディアクエリー

こういうヤツですね.CSS3の仕様に入っています.

/* innerHeight(表示領域の高さ)が1282px かつ デバイスが縦向きのとき */
@media screen and (height: 1282px) and (orientation:portrait) {
    html, body {
        height: 1282px !important;
    }
}

iPadとかで,innerWidth, innerHeightに応じてCSSの調整を必要とすることがあります.そんなとき,メディアクエリーで状態を捉えるとき,デバイスの向きが縦(portrait)か横(landscape)かに加え,heightも正確に捉えたいケースがあります.

そんなケースに備えてiPad第1世代の情報ですが,各状態のwidthとheightを記録したので,ブログに残しておきます.

測定方法

シンプルな測定です.console.logだと,デバッグコンソール(表示領域の高さが変わってしまう)を出さないといけないので,alertで表示します.

<script type="text/javascript">
  alert(window.innerWidth);
  alert(window.innerHeight);
</script>

条件別のinnerWidth x innerHeight

以下の表示はすべてWidth x Height (px)です.

ちなみにデフォルトだと若干スケールアップしている状態なので,HTML側で以下のようなviewpoertの指定でスケールを1倍にしているときの数字も併記します.

<meta name="viewport" content="user-scalable=no, initial-scale=1, minimum-scale=1, maximum-scale=1" />

iPad第1世代のサイズ対応表

条件 スケール1倍縦 スケール1倍横 デフォルト縦 デフォルト横
(1) WebAppモード 768x1004 1024x748 980x1282 981x716
(2) Safari+ツールバー 768x946 1024x690 980x1208 981x661
(3) 2+ブックマークバー 768x916 1024x660 980x1169 981x632
(4) 2+デバッグバー 768x896 1024x640 980x1144 981x614
(5) 3+デバッグバー 768x866 1024x610 980x1107 981x588

表中のパーツ名称(正式名称ではないと思うので参考までに)

WebAppモードの場合は,ツールバー・ブックマークバー・デバッグバーのすべてが表示されません.WebAppモードは,metaタグで指定します.

<meta name="apple-mobile-web-app-capable" content="yes">