琥珀の贅沢 と -196℃ 徳島県武内農園の柚子

サントリーの冬限定

勤労感謝の日ということで、仕事してる最中の自分に感謝しつつ、サントリーの冬限定商品をいただくことにしました。

-196℃ 徳島県武内農園の柚子


絶望的に甘い(自分にとっての)地雷を覚悟していましたが、思ったよりもスッキリ系。だからといって柚子のエグみが強く出ているわけでもなく、さっぱり飲める感じのチューハイです。良くも悪くも肩透かしかな?

バヤリースオレンジに代表される「果汁入ってるけど水っぽくて飲みやすいよ系ドリンク」と同じような感じがしました。


琥珀の贅沢


琥珀エビスを意識しすぎ

味もその劣化版と言ったところ。容量は330mlで、若干の減量サイズ。

と、貶しつつバランスはとても良い気と思いました。第3種のくせに香りが良い。飲み応えはちょっと薄いけど、これからの時期に合ったうま味系の飲み口です。

これは白麒麟と並んで自分の冬のお気に入りに入るかもしれない・・・!


がんばれサントリー

自分は、ビールは一番搾り、発泡酒は麒麟、第3種はホップの真実と、完全なキリン信者です。それと同じくらいに、ウイスキーは角瓶、チューハイは-196℃のZERO、高いビールはプレモルと、サントリーも贔屓なのです。

余談ですがチューハイに関して思うのは、なんか氷結シリーズって痛い味がするんですよね。刺々しいというか、メインのスピリッツの質が悪いんだか何なんだか。自分には合わない感じ。キリンが自分の中で強いのはビールだけかな〜。